国会会議録内キーワード検索

公文書改ざん 官邸ぐるみ 事前に把握 明白

2018年4月16日  
公文書改ざん 官邸ぐるみ 事前に把握 明白

「官邸ぐるみで改ざんしたのではないか」―。日本共産党の辰巳孝太郎議員は16日の参院決算委員会で、森友学園との国有地取引をめぐって、官邸が決裁文書改ざんの可能性を事前に把握していたはずだと追及しました。 辰巳氏は、財務省が決裁文書の改ざんが始まったと説明している2017年2月下旬までの動きを時系列で提示(年表)。同年2月22日には、財務省の佐川宣寿(のぶひさ)前理財局長、太田充理財局長、中村稔総務課長が菅義偉官房長官に国有地売却について報告し、同24日には、菅官房長官が記者会見で「決裁文書にはすべてが書かれているんじゃないでしょうか」と言及しています。 辰巳氏が22日の報告に中村課長が同席した理… 続きを読む »


昭恵氏名記載 官房長官に未報告  辰巳氏“信ずるに値せず”

2018年4月12日  
昭恵氏名記載 官房長官に未報告  辰巳氏“信ずるに値せず”

日本共産党の辰巳孝太郎議員は12日の参院財政金融委員会で、財務省が森友学園に関する決裁文書に安倍昭恵首相夫人の名前が記されていたことを官房長官に報告しなかったと説明している点について、「とても信じられない」と追及しました。 財務省の当時理財局長だった佐川宣寿氏と、大臣官房総括審議官だった太田充氏(現理財局長)、国有財産企画課長として決裁文書を決裁した一人の中村稔氏(現理財局総務課長)が17年2月22日に菅義偉官房長官に森友問題の経過を説明しています。この際、決裁文書に昭恵氏の名前が記されていることを財務省が報告しなかったとした点について、太田理財局長は、中村氏が「(決裁文書を)ちゃんと見ていな… 続きを読む »


メモ・文書全文提出を 昭恵氏関与解明に必須

2018年3月29日  

辰巳氏が求めたのは、改ざんされた決裁文書の一つ、「承諾書の提出について」の改ざん前文書で言及されている「H26・4・28~H26・5・23本省相談メモ」。同決裁文書は、2016年4月の小学校開校に間に合わせるために、学園が国との貸付契約完了前から国有地の開発について大阪府豊中市と協議することを認めるもの。「対応について本省審理室の指導に基づき」とあり、財務省本省の関与がうかがえます。14年4月28日は、学園前理事長の籠池泰典被告が同省近畿財務局に、安倍昭恵氏(安倍晋三首相の妻)と写った写真を見せた日です。 日本共産党の辰巳孝太郎議員は29日の参院財政金融委員会で、学校法人「森友学園」との国有地… 続きを読む »


佐川氏 隠ぺい意図 「暗黙の提示」否定できず

2018年3月28日  
佐川氏 隠ぺい意図 「暗黙の提示」否定できず

日本共産党の辰巳孝太郎議員は28日の参院予算委員会で、森友学園との国有地取引について、事前の価格交渉を否定していた佐川宣寿・前財務省理財局長の答弁が虚偽だったと追及しました。 辰巳氏は、改ざん前の決裁文書で、2015年1月9日に近畿財務局が学園を訪問し、「国の貸付料の概算額を伝える」と記述していると指摘。その上で、20日の同委で明らかにした籠池泰典被告=詐欺罪で起訴=のメモには、同年1月13日に財務局が学園との折衝で、貸付料を年間3400万円と「指にて」「暗黙の提示」をしたと記されていることをただしました。 太田充理財局長は「財務局職員に確認し、平成27年(15年)1月13日に森友学園を訪問し… 続きを読む »


森友問題 昭恵氏「影響力」 首相認める 改ざん 官邸指示否定できず

2018年3月26日  
森友問題 昭恵氏「影響力」 首相認める 改ざん 官邸指示否定できず

日本共産党の辰巳孝太郎議員は26日の参院予算委員会で、学校法人「森友学園」との国有地取引をめぐって、安倍晋三首相の妻・昭恵氏のかかわりが「一貫して積極的かつ能動的に行われている」として、昭恵氏の証人喚問を求めました。 辰巳氏は、昭恵氏が森友学園の計画する小学校の名誉校長を務め、小学校建設予定地の前で籠池泰典・諄子両被告(詐欺罪で起訴)と3ショット写真におさまるなど、能動的な行動で学園にかかわってきたことを指摘。昭恵氏がメディアの取材で「誰に対しても良いことをやろうとするときは、私は利用してもいいよと言っている」などと述べていることをあげ、「自身の影響力を十分理解したうえで行動している」とただし… 続きを読む »