コンビニ契約 独禁法違反ありうる 辰巳氏に公取委員長

2019年4月16日  
コンビニ契約 独禁法違反ありうる 辰巳氏に公取委員長

(写真)質問する辰巳孝太郎議員=16日、参院経産委 日本共産党の辰巳孝太郎議員は16日、参院経済産業委員会で、コンビニのフランチャイズ契約の規定によって利益が少ない24時間営業を強いられていると指摘し、契約が独占禁止法に違反するとただしました。公正取引委員会の杉本和行委員長は、フランチャイズ契約が優越的地位の乱用を禁じた独占禁止法違反になることもあり得ると答弁しました。 辰巳氏は、コンビニの24時間営業はオーナーの負担が大きいが、24時間営業の契約のために、時短営業ができない実態を紹介しました。その上で、辰巳氏は、公正取引委員会の「フランチャイズ・ガイドライン」が「加盟者に対して正常な商慣習に… 続きを読む »


カジノ 無法な大阪構想 売り上げ年3800億円 膨大なカネ巻き上げ

2019年3月5日  
カジノ 無法な大阪構想 売り上げ年3800億円 膨大なカネ巻き上げ

参院予算委 辰巳議員が追及 「カジノは一晩で全財産を失う恐ろしい賭博行為だ」―5日の参院予算委員会で日本共産党の辰巳孝太郎議員は、安倍晋三首相が固執するカジノ開設の中止を強く求めました。 (写真)質問する辰巳議員=5日、参院予算委 客の75%日本人 万博と一体 安倍内閣は国民の不安や反対の声にこたえず、日本のカジノの具体的姿を提示しないまま、既成事実を重ねています。 辰巳氏は、日本のカジノがどんなものになるのか、カジノ誘致で先走っている大阪府・市が2月に策定した「基本構想(案)」で示しました。 政府は「単なるカジノ解禁ではなくIR(統合型リゾート)だ」と主張しています。 辰巳氏は、大阪府・市「… 続きを読む »


国会最終盤 カジノ・選挙制度で緊迫 災害対応に注力せよ 首相に迫る

2018年7月17日  
国会最終盤 カジノ・選挙制度で緊迫 災害対応に注力せよ 首相に迫る

海外のカジノ資本に日本を市場として提供する「究極の売国法案」ともいうべきカジノ実施法案をめぐり、自民・公明の与党は17日、参院内閣委員会での質疑終局と採決を提案しました。これに対して、参院の日本共産党、国民民主党、立憲民主党、希望の会(自由・社民)の4野党・会派は、「災害対応よりカジノ解禁最優先の姿勢は絶対に看過できない」として、石井啓一国交相(カジノ担当相)の問責決議案を提出しました。「森友」疑惑での無責任な姿勢も問うものです。委員会は散会となり、たたかいは同決議案が議題となる18日の本会議へと移りました。 日本共産党の辰巳孝太郎議員は17日の参院内閣委員会で、西日本豪雨で甚大な被害が出た後… 続きを読む »


“究極の売国”カジノ法案  国民のお金 海外資本へ

2018年7月6日  
“究極の売国”カジノ法案  国民のお金 海外資本へ

刑法が禁じる賭博を解禁するカジノ実施法案が6日、参院本会議で審議入りしました。世論調査ではカジノ解禁反対が半数を超え、「今国会で成立させる必要はない」が7割に達しています。質問に立った日本共産党の辰巳孝太郎議員は「反対が多いのは、いくら『IR(統合型リゾート)』という言葉でごまかしても、賭博解禁への不安や懸念があり、人の不幸を土台に経済成長という考えには到底納得できないからだ」として、悪法の廃案を求めました。 辰巳氏は、カジノ誘致に手をあげる自治体の計画では、集客見込みの8割程度が日本人だと指摘。カジノ事業を実際に行うのは経験とノウハウを持つ海外カジノ資本で、「日本人のお金を海外資本がカジノで… 続きを読む »


カジノ構想を追及 賭博依存にするな

2015年7月2日  
カジノ構想を追及 賭博依存にするな

  以下、しんぶん「赤旗」より転載します。 2015年7月3日(金) 賭博依存にするな 辰巳議員 カジノ構想を追及 参院委 日本共産党の辰巳孝太郎議員は2日の参院国土交通委員会で、安倍政権が推進するカジノ賭博場を中核とする統合型リゾート(IR)構想に対して、「日本の観光、経済をばくち依存にしてはならない」と追及しました。 政府は6月30日に閣議決定した「改定成長戦略」で「IRは観光振興、地域振興、産業振興等に資することが期待される」とした上、依存症対策など必要な措置について「関係省庁において検討を進める」としています。 辰巳氏は、直近の世論調査(日本世論調査会、6月13、14日実施)… 続きを読む »