「外れのない宝くじ」?

2014年5月22日  
「外れのない宝くじ」?

以下、「しんぶん赤旗」より掲載 外環道のトンネル部工事 不適正な入札指摘 辰巳議員 日本共産党の辰巳孝太郎議員は21日の参院国土交通委員会で、東京外郭環状道路(外環道)のトンネル部工事においてスーパーゼネコン(大手建設会社)が高額で落札し事業を分け合う不適正な入札があったと指摘しました。 同工事は、外環道のうち関越道と東名高速と接続する二つのジャンクション(立体交差)間16・2キロメートル(都内区間)を外径16メートルのトンネル2本で結ぶ巨大工事で、総事業費は1兆2820億円。 辰巳氏が指摘したのは「一抜け方式」と呼ばれる異例の入札方式です。四つに分けられた事業を順番に開札し、落札者は次以降の… 続きを読む »


道路法参考人質疑

2014年5月20日  
道路法参考人質疑

20日、国交委員会の道路法改正案についての参考人質疑が行われ、私も質問に立ちました。 私は、笹子トンネルの事故以来、大規模更新、修繕が必要な時代になってきたことに触れつつ、社会資本整備審議会からも辛辣な言葉で、今こそかじ切らないといけないという「最後の警告」が出されていること、道路公団民営化の経過からしても、多くの国民はこれ以上不必要な道路は造ってほしくないという気持ちが強いことを指摘しました。 その上で、道路の計画を作り、建設の命令を出す政治の決定に際して、国民にオープンに議論されているのか、国の政策決定の過程として今の国の制度が十分なものなのかについて参考人に質問しました。 上岡直見参考人… 続きを読む »


コンパクトシティ、リニア新幹線、駅無人化問題で質問

2014年5月13日  
コンパクトシティ、リニア新幹線、駅無人化問題で質問

以下、会議録を掲載


戦略港湾政策は中止せよ

2014年4月22日  
戦略港湾政策は中止せよ

      以下、28日のしんぶん「赤旗」の記事を転載します。 「戦略港湾」中止を 辰巳議員 北米コンテナ減少 参院国交委   日本共産党の辰巳孝太郎議員は22日の参院国土交通委員会で質問し、港湾政策を競争から協調へ、一極集中から地域経済活性化へ転換するよう求めました。 政府は京浜港と阪神港を「国際コンテナ戦略港湾」に選定し、欧米向け基幹航路の維持・拡大をめざして大水深バースを整備(10年間で5500億円)しています。 辰巳氏は、北米航路コンテナ貨物量の目標と現状について質問。国交省の山縣宣彦港湾局長は、京浜港では2015年265万TEU(コンテナ船の積載能力単位… 続きを読む »


インフラ輸出支援法案に反対 リニア問題で追撃

2014年4月10日  
インフラ輸出支援法案に反対 リニア問題で追撃

以下、しんぶん「赤旗」より転載。 産業の空洞化進める インフラ輸出支援法案 辰巳氏反対 参院国土交通委員会は10日、「成長戦略」の一環として海外へのインフラ輸出を支援する機構をつくる「株式会社海外交通・都市開発事業支援機構法案」を賛成多数で可決しました。共産、みんな、社民は反対しました。政府は、2020年に交通インフラ受注で7兆円(10年0・5兆円)、建設業の海外受注2兆円(同1兆円)を目指しています。 日本共産党の辰巳孝太郎議員は「もうけは民間大企業に与え、リスクは国民に負わせるものだ」と批判。太田昭宏国交相は「リスクを少なくして海外展開を進めることが大事だ」と支援を正当化しました。 辰巳氏… 続きを読む »