コータローの国会レポート ㉒早すぎる設定速度(大阪民主新報から転載)

2014年6月29日  

 通常国会が6月22日閉会しました。あっと言う間の150日。国土交通委員会は、当初言われていた数よりも多く16の法案を審議し、そのうち日本共産党は5法案に反対しました。  ODA特別委員会、デフレ調査会も合わせた私の質問や討論の回数は、通常国会通算で34回。臨時国会からの通算で45回となりました。  「よく勉強したなー」。これが率直な感想です。港湾、バス、街づくり、淀川左岸線、リニア、生活保護、ブラック企業などの問題について、大阪はじめ全国の党組織や民主団体からの協力が、政府を追及する大きな力になりました。地域の要求活動が国政での論戦に大きな力になる。全国に草の根のネットワークがある日本共産党… 続きを読む »


コータローの国会レポート ㉑時速500㌔の乗り心地(大阪民主新報から転載)

2014年6月15日  

 国土交通委員会の視察でリニア中央新幹線に試乗しました。視察団中ただ一人の建設反対派。心細くはありましたが、時速500㌔を体感してきました。  非常に簡素な駅待合室。開通時もチケット売り場はなく、すべてインターネットで予約する必要があるようです。電磁波の影響を避けるため、待合室と列車が通過する線路との間には1㍍以上の空間を設けています。発生する電磁波は相当なものなのでしょう。ただし、車内は特殊なシールドで覆っているので電磁波の影響はないとの説明。そして列車に乗り込むと意外に狭い。天井は新幹線より40㌢低く、幅も新幹線より席1つ分狭い。  乗り心地はどうか。時速350㌔くらいから、小刻みに揺れ始… 続きを読む »


コータローの国会レポート ⑳議論するから「議席」(大阪民主新報から転載)

2014年6月1日  

 NPO法人「万年野党」が出版した「国会議員三ツ星データブック」というものがあります。国会議員一人一人の質問回数や時間などを調査して、国会議員を「格付け」するものです。  私は昨年の臨時国会での質問回数が8回で、全参議院議員中9位となりました。そして〝一つ星〟を獲得するということに!もちろん、論戦は中身が最も重要。引き続き政府を厳しく追及していきたいと思います。  さて先日、国土交通委員会の質問準備のために富山市に視察に行ってきました。日本全国で活躍されている日本共産党議員と経験を交流できるのも有意義な活動です。  市内を案内してくれたのは富山市会議員の赤星ゆかりさん。彼女は議会で与党を厳しく… 続きを読む »


コータローの国会レポート ⑲盛りそばを食べながら(大阪民主新報から転載)

2014年5月18日  

 うどんとそば。関西ではうどん、関東はそばが主流の文化というイメージがあります。確かに東京のうどんのスープは濃く、関西人には馴染めないといわれています。しかし盛りそばに関しては、東西変わりがありません。  さて、国会の地下にそば屋さんがあります。小さな店舗ですが人気が高く、いつもいっぱいです。時には党首クラスの議員が、取り巻きを連れて来ることもあります。そして何より、盛りそばが240円と財布にも優しい。この店にもうどんはありますが、店内ではほとんどの人がそばを食べています。  店が小さいため、合い席になることがよくあります。先日は民主党の中堅議員と向かい合わせになりました。昼食の席ですから、お… 続きを読む »


コータローの国会レポート⑱ 法案の賛否を決める(大阪民主新報から転載)

2014年5月4日  

 6月22日までの通常国会も3分の2を終えました。今国会は80を超える法案の審議を行う予定。そのうち私が所属する国土交通委員会は法案11本プラス議員立法数本の予定で、これまで内閣提出の5法案と議員立法3本が採決済みです。  ところで法案の賛否はどうやって決めるのでしょう。審議予定の法案の賛否は、議員や秘書、事務局などが参加する毎週の法案審査会で議論します。各議員は担当する法案の概要、賛否とその理由などを記した文書を作成し、他の議員や秘書、事務局と共に全体で議論します。有権者に賛否の理由を聞かれても説明ができるよう、納得いくまで議論します。時には法案の解釈や賛否をめぐって、次の週に持ち越すほどの… 続きを読む »