脱法ハウス問題で追撃

2014年4月3日  

CIMG2238

大手ネットカフェ「脱法ハウス」物件貸す

参院委 辰巳氏が是正求める

居室が異常に狭く危険な「脱法ハウス」を運営し、消防法や建築基準法違反が指摘されてきたネットカフェ大手「マンボー」が、東京都豊島区に「プライベートルーム」と称して類似施設を貸し出していることが3日の参院国土交通委員会でわかりました。日本共産党の辰巳孝太郎議員が告発したものです。

問題の物件は個室スペースが2畳ほどで窓はありません。共同で使えるシャワー、トイレ、キッチン、ランドリーを完備しています。

辰巳氏は「中に入って確認したが、これまで問題になった『脱法ハウス』と一緒だ」と指摘。「調査し、是正指導を行っているのか」とただしました。

国交省の井上俊之住宅局長は「豊島区が立ち入り調査を要請したが、相手方が拒否した。その後、接触していない」と答えました。

辰巳氏は、国交省の「脱法ハウス」調査では調査対象1801件のうち765件に建築基準法などの違反が判明しながら、是正されたのはわずか11件だと指摘。「調査人員の確保を含めて国交省が指導性を発揮すべきだ」と求めました。

辰巳氏は、敷金・礼金が高く、保証人が見つけられずに、「脱法ハウス」から抜け出せない住人を行政が支援する仕組みが必要だと指摘。太田昭宏国交相は「離職して入居の初期費用が払えない人には、何らかの支援を検討すべきだ」と答えました。辰巳氏は、それだけでは“住まいの貧困”はなくせないと指摘。「民間住宅の借り上げや家賃補助制度にまで踏み込むべきだ」と強調しました。