Tatsynu Kotaro 日本共産党 前参議院議員/大阪選挙区

MENU

LINE 友だち3万人目標!お気軽に登録を! LINE 友だち3万人目標!お気軽に登録を!
DOWNLOAD 宣伝物はこちら DOWNLOAD 宣伝物はこちら

ロシアのウクライナ侵略許すな

― みんなの声で戦争を止める ―

侵略を止めるために

「力の支配」ではなく、国連憲章に基づく「法の支配」の回復を。国際社会が国連憲章守れと一致団結し、ロシアを包囲することが必要です。国連総会では過去最高の141カ国がロシア非難決議に賛成しました。

9条いかした外交こそ必要

政治の最も重要な仕事は徹底した外交努力で戦争を起こさないことです。「力には力で」、「核兵器には核兵器で」の軍事のエスカレーションが最も危険です。
軍事同盟に頼らない東南アジアASEANの取り組みを、東アジアへ。今こそ、9条いかした外交で平和の国際秩序構築へイニシアティブを発揮すべきです。

侵略戦争に反対した唯一の党

自由と平和を愛する日本共産党だからこそ、かつての日本の侵略戦争に命がけで反対しました。ロシアであれ、米国であれ、中国であれ、あらゆる覇権主義に反対です。

反戦平和が政治の原点

2001年、25歳だった私は、紛争で戦火に苦しむコソボの高校生を日本に招くプロジェクトに参加しました。
彼らとの交流のなかで、戦争は「憎しみの連鎖を作る」と痛感。当時、アフガン、イラク戦争にひた走る米国を支援する日本政府の方針に怒りを覚えました。これが政治の道に入ったきっかけです。
日本共産党に入党したのも、戦前から命がけで反戦の旗を掲げ続けてきたからでした。
7月の参院選。戦争か平和か――日本の進路が根本から問われる選挙になります。
憲法9条を守り、いかす政治へ。
その思いを私に託してください。

ボランティアのお願い

たつみコータロー選挙事務所へお問い合わせを。
電話 06-4304-8641
大阪市中央区玉造1-21-3

募金のお願い

ご支援をよろしくお願いいたします