コータローの国会レポート㉓「平和」の「無駄遣い」(大阪民主新報から転載)

2014年7月13日  

7月1日、集団的自衛権行使容認の閣議決定が行われました。日本の平和主義を投げ捨てる暴挙に、国民は全国各地で怒りの声を上げました。

 記者会見で安倍首相は「イラク戦争での戦闘に参加するようなことは、これからも決してありません」と述べましたが、米国の戦争に一度も反対したことがないのが歴代政府。説得力ゼロです。

 さて、5月15日の安保法制懇の報告書が提出された時の記者会見で、首相は「命を守る」と30分で21回言いました。1分半に1回です。今回、首相は10分ほどの冒頭発言で「平和」という言葉を14回使いました。43秒に一回です。この言葉をこれほど空虚に響かせることのできる人物は他にいないでしょう。まさに「平和」の「無駄遣い」です。

 会見後、官邸の周りを取り囲み抗議を続ける国民を尻目に、首相は大林組会長やサッポロホールディングス社長、神戸製鋼社長らと会食をしました。国民を戦争に駆り立てる憲法解釈の変更をした直後に財界人と食を共にできるこの神経。考えられません。

 本格的に自衛隊を海外に派兵するには法整備が必要です。一つの国会では収まりきらず、数年に渡るとも。7月半ばの閉会中審査、そして臨時国会で、自民・公明のウソとデタラメを暴き、暴走にストップをかける論戦を全力で行います。そして来年のいっせい地方選挙では、反戦平和の老舗の党、日本共産党の躍進こそが、戦争できる国づくりをストップする一番の近道です。絶対に勝たなければなりません!

(日本共産党参院議員 辰巳孝太郎 大阪民主新報にて隔週で掲載)