伊丹空港米軍ヘリ緊急着陸 防衛省が情報隠し

2015年6月16日  

CIMG0693CIMG0718

 


以下、しんぶん「赤旗」より転載します。

2015年6月17日(水)

米軍ヘリ 異常な揺れ

伊丹空港緊急着陸 防衛省が情報隠し

辰巳氏追及で判明

大阪国際空港(伊丹空港=大阪府豊中市、池田市、兵庫県伊丹市)に5月28日に米軍ヘリコプターが緊急着陸した問題で、日本共産党の辰巳孝太郎議員は16日の参院国土交通委員会で、防衛省が当初の説明とは異なる着陸原因を米軍から聞きながら2週間以上も周辺自治体に隠していた事実を明らかにしました。

同日の防衛省の答弁によると、緊急着陸したヘリは、米軍厚木基地から岩国基地に向かっていた米海軍所属のMH60S計3機。着陸の理由については5月28日の当日、「燃料不足」という国土交通省からの情報が外務省を経由して防衛省にもたらされ、同省はこの情報を豊中市などの周辺自治体に伝えました。

一方、辰巳氏の質問で、米軍側に独自に事実関係を照会した防衛省が翌29日、原因について厚木基地から「ヘリが通常とは異なる揺れを感じた」との回答を受けていたことが明らかになりました。さらに、この説明の変更について同省が6月15日まで豊中市に伝えていなかったことが判明しました。

辰巳氏は「安全上の問題が生じた可能性もある事態なのに、事実を隠蔽していたといわれてもしかたがない」と指摘。全国の民間空港への緊急着陸は過去5年で22件も起きているが、米側の説明もあいまいなら、日本側もきちんとした説明を求めていないと述べ、米国いいなりの姿勢を批判しました。