イラク派兵時における武器・弾薬輸送の民間航空機 空港示し追及

2015年9月10日  

CIMG1512

以下、しんぶん「赤旗」より転載。

2015年9月11日(金)

武器・弾薬輸送の民間航空機

利用空港示し追及

参院内閣委で辰巳議員

日本共産党の辰巳孝太郎議員は10日の参院内閣委員会で、自衛隊のイラク派兵時に民間航空会社が武器・弾薬を含む装備品を輸送していた問題について質問しました。この航空機が利用した空港(※別項)を明らかにし、成田空港(新東京国際空港)では、地域住民との合意に反して「軍事利用」していたことを追及しました。

辰巳氏は、国・千葉県、空港管理者と地域住民の間で成田空港を「軍事利用はしない」とした「取極書(とりきめしょ)」を交わしていることをあげ、「武器弾薬を運搬するのは、住民や自治体との合意に違反するのではないか」と迫りました。

左藤章防衛副大臣は「自衛隊はイラクの復興支援のために派遣された。『軍事的利用』には該当しない」と答えました。

辰巳氏は、自衛隊が作成した「イラク復興支援活動行動史」では、自ら「純然たる軍事作戦だった」と認めていることを示し、「軍事的側面があった。『取極書』に関わった住民の方々の思いを踏みにじるものだ」と批判しました。

中谷元・防衛相は、8月26日の安保法制特別委での辰巳氏の質問に、84ミリ無反動砲や110ミリ対戦車弾という強力な武器まで民間航空機が輸送していたと答えています。

この日の質疑で、これらの武器・弾薬の航空輸送に関して国交省・島村淳航空局安全部長は航空法上「原則として運べないが、大臣の承認を受けた場合は運べる」と述べつつ、大臣承認に関しては「記録もなく確認できない」と表明。違法に運搬されていた可能性が明らかになりました。

辰巳氏は「戦争法案が可決されれば、空港、港湾、民間航空機、船舶が軍事目標となる」と指摘し、戦争法案の廃案を求めました。

 武器・弾薬などを輸送した民間航空機が利用した国内空港・利用回数(2003年~06年、陸上自衛隊)

新千歳空港 41回

成田空港 5回

関西国際空港 4回

仙台空港 5回

名古屋空港 2回