「森友」音声提出を要求 財務副大臣に

2017年5月30日  
写真

日本共産党の辰巳孝太郎議員は30日の参院国土交通委員会で、国有地の格安売却が問題となっている学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長(当時)と財務省の田村嘉啓国有財産審理室長が昨年3月に面談した際の音声データに基づく記録の提出を求めました。

音声データには、財務省近畿財務局が国有地の地下ごみを埋め戻すよう指示した際の「打ち合わせ記録」が、籠池氏から財務省に渡される様子も収められています。

辰巳氏は「財務省は資料を廃棄したというが、せっかく出てきたデータに基づき真相究明のため議論すべきだ」と追及。大塚拓財務副大臣は「テープは聞き取りづらいところがある」などと言い訳しました。辰巳氏は、聞き取れる部分だけでも文字に起こして国会に提出し議論すべきだと重ねて要求。大塚氏は「持ち帰って検討したい」と応じました。

辰巳氏はまた、売買契約前の2015年に行われた汚染土壌対策について質問。石井啓一国交相は「(8・2億円値引きの対象範囲で)880トンの汚染土を除去した」と答えました。辰巳氏は、土を入れ替えた部分のごみ処理費用見込みは約2千万円にのぼると指摘し、「全くごみが無いことが分かっている部分まで補償した」と過大な値引きを批判しました。

2017年5月31日付「しんぶん赤旗」より引用