9条削除と同義 公述人らが指摘

2014年3月13日  
9条削除と同義 公述人らが指摘

(写真)質問する小池議員=13日 参院予算委員会が13日に開いた中央公聴会で、日本共産党から小池晃、井上哲士、辰巳孝太郎各議員が質疑にたちました。 「外交・安全保障」のテーマでは井上氏が、集団的自衛権の行使によって日本がベトナム戦争のような戦闘に参加することが可能になるのかを問いました。公述人の西修駒沢大学名誉教授は「結果的にそうならざるをえない」、阪田雅裕元内閣法制局長官も「可能だ」といずれも肯定しました。阪田氏は「集団的自衛権の行使をできるようにするのは、(憲法)9条を削除するのと同義だ。大きな国の形の変換だ」と指摘しました。 「社会保障」では小池氏が質疑に立ち、社会保障と企業の責任につい… 続きを読む »


軍事的用途、国際紛争助長へのODAの使用を慎むよう求める

2014年2月20日  

20日ODA特別委員会で参考人質疑が行われました。 以下に議事録を掲載します。  


派遣調査報告の質疑

2013年11月20日  

20日にODA特別委員会があり、派遣調査の報告とそれに対する質疑が行われました。 以下に議事録を掲載します。  


武力で解決できない 民間警備員の海賊対応

2013年11月12日  
武力で解決できない 民間警備員の海賊対応

(写真)質問する辰巳孝太郎議員=12日、参院国土交通委 海賊事件対処のためアフリカ・ソマリア沖で日本籍船に民間武装警備員の乗船を認める特別措置法案が12日、参院国土交通委員会で採決されました。日本共産党と社民党は反対しました。 反対討論で日本共産党の辰巳孝太郎議員は、2008年ごろから各国が軍隊を派遣してきた結果、事件発生場所を軍隊が活動していない海域にまで広域化させてしまったと指摘しました。軍出身者で構成される民間武装警備員を一般船舶に乗船させることは、海賊事件が非武装船舶に集中してしまう事態を招きかねないとして、「武力による対応では海賊問題を解決することができない」と強調しました。その上で… 続きを読む »


3 / 3123